650C難民

小さい人でも楽しみたいの!のほほん自転車生活ブログ。

RSS

ホノルルセンチュリーライドの参加ツアー情報がアップされてた。

こんな良い季節なのに、自転車にのれない中の人あぼこです(・Д・`)
 
でも今日、ようやく抜糸しました*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。 でもまだ脚曲げるなとのオーダー(*ゝωб*)b まぁ、仕方ないです。 そして曲げる勇気もありません(*´艸`*)   お義母さんとお茶をしながら旅行の話になり、「そういやセンチュリーライドのツアー情報どうなったかなぁ」とWEBサイトを開いてみたら・・・   更新されてるじゃ〜ん\(б∀б*)/ワーイ   センチュリーライドのナビゲーションサイトに掲載されている情報はこの2つ。   ホノルルセンチュリーライド2014ツアー【ジャルパック】

https://www.jal.co.jp/intltour/centuryride/

三船雅彦監督と行く HoNoLulu 500
“ホノルルファイブハンドレッド”ツアー6日間
【JTB西日本 法人営業中央支店】

http://sports.jtb.co.jp/triwwwp/tours/view/420/west2014-5cycling
 
500kmツアー・・・こんな猛者向けのツアーもあるとは・・・Σ(,,oΔo,,*)
 
もうセンチュリーライド自体にはエントリーしちゃっているので、行く手段を考えなければなりません。
そりゃわかってます。
でもね、今まで私は
『超極貧旅行』しかしたことがないのですよ( ・`ω・´)キリッ
 
だからね、お一人様20万円以上するツアーなんて・・・
こええ・・・・マジでこええ・・・・・・・・・。
 
ちなみに、極貧旅行でハワイに行くとこうなります。
 

極貧1:機内でCAの人に
「666(爆笑)devil’s children(爆笑)」
と笑われても微笑む精神力を。

寝ようとして着ていたパーカーのフードをかぶったのですが、そこに角が生えていたのを発見され、寝てるっつうに引っ張られ爆笑され、おかげで機内の視線を一気に集めました。貴重な体験です。あの人がCrazyだっただけだと信じたいです。私が日本人じゃなかったらシャレにならんジョークです。
 

極貧2:空港からホテルまでは修行タイム。

空港に到着後、格差はさらに広がります。日の丸カラーの集団は眠い目を擦りながらも軽快な足取りで専用バスに。極貧は重い荷物を抱え公共交通機関を利用し、水着で歩く人々の中を大荷物抱えて歩きます。その姿はまさに行者です。そして十中八九「写真撮ろうよ〜」とご機嫌なお兄さんがやってきます。写真を撮ると$50〜請求されるのでお気をつけください。
 

極貧3:シャワーは出ないものと思え。

幸運にもシャワーが出たとします。が、まず流れません。この時点で日本が恋しくなります。というか日本の素晴らしさを思うだけで美味しいお酒が飲めそうです。自分が使う用以外にも歯ブラシを数本持っていると安心です。部屋を変えてくれるかなとか考えちゃいけません。どうしても困った時は廊下に出て『Help me』と言いましょう。隣の部屋の人が助けてくれるかもしれません。ですが多分日本語は通じません。身振り手振りで乗り切りましょう。
 
・・・今回はこんな経験したくありません(笑)安心の日の丸カラーで、ゆったりとハワイを満喫したいと思うわけです。
 
・・・とはいえ、やっぱ高いよね(笑)
総予算10万程度で行っていたので・・・現地での食事とかいろいろあるし・・・う〜んむ。でも今回は新婚旅行も兼ねているわけで・・・。
 
成田出発の方が安いけど、そこまでの交通費やら時間やら考えると羽田かなぁとか。ホテルのランクもあるし・・・。
 
とりあえずしばらく悩みます。
 


Category=ホノルルセンチュリーライド

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

コメント残してもらえると喜びます。