650C難民

小さい人でも楽しみたいの!のほほん自転車生活ブログ。

RSS

Zwiftで遊ぶために必要な物と650Cは得なのかって話。

Zwiftやるにあたって、必要な物がいくつかあります。
 
ロードバイク
ローラー台
ANT+対応のケイデンスとかスピードのセンサー
ANT+のドングル
これらは絶対必要。
 
ANT+じゃなきゃダメなのかと思ってましたが
iOSとMacがあればBluetoothでも
大丈夫っぽいです。
Fertile-soilさんのZwiftをBluetoothセンサー(Panobike)で接続する方法の記事で詳しく書かれています。
というか、Zwiftの導入についても詳しく書かれています。
ので、あちらの記事を読んでいただければ
うちの記事なんて読む必要はないわけであります!!
 
あとパワーメーターとか心拍計があればより楽しめるそうです。
 
が、ビギナーなわたしには必要ないよねっつーことで
今回追加購入したものはこちら。
 
zwift_play02
Wahoo スピード&ケイデンスコンボセンサーさん

 

それとこれ。
zwift_play04
ANT+ USBドングル

 
あ、それとカインズ○ームさんで、ローラー台の下に敷くマットを買いました。
ローラー台純正のマットは、良いのでしょうが
小市民にはエクスペンシブなため購入に躊躇してしまいました。
 
ヨガマットを敷いてみたりしてたんですが
ヨガマットだとサイズが小さいんですよ。
W60cmくらいしかなくて、ローラー台はW80cmは必要。
 
なんか良いのないかな〜と思って探していたら
お安いの発見したんで購入してみた次第です。
zwift_play01
 
で、ここまできたら後はローラー台こぐだけ!
ひゃっふい!!
 
zwift_play20

オマタ痛いと嫌なのでちゃんとレーパン履きました。
う〜ん、筋肉って消えるんだね(苦笑)
 
で、Zwiftの無料トライアル期間は14日間50kmまでっぽい。
 
気合い入った方なら1日で消化するのでしょうが
うちにはリミッターがおります故、まとまった時間はできそうにありません。
 
ちなみにこちらが我が家のリミッター。
zwift_play21
最近、歩行器がお気に入りで、ハイハイの練習は嫌いみたいです。
 
で、実際走ってみました。
 
感想は・・・・
 
ローラー台って疲れるよねwwwwwwwwwwwwwww
 
で、わたしのロードバイクが650Cだからでしょうか。
距離に結構な差がでました。
 
  
zwift_play22
 
zwift_play23
 
サイコンの方は途中(確か2kmくらい走ったとこ)でリセットしたんで、6~7km走ったことになってんのかな?
それでも結構な距離の違いがでますね。
 
・・・つうことは、ゲーム内では「俺TUEEEE!!!!」できるってことですか?
 
そ、そういうことなんですか!?!?


Category=Zwift, パーツ

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

コメント残してもらえると喜びます。